菜の花のゆで方

}PgžxQ

菜の花のゆで方は、まず、下のかたい部分を1~2センチ切り落とし、長さを半分に切っておきます。そして、塩を加えた熱湯に菜の花の茎と葉先の順にいれていきます。ほどよくゆでて、すぐにざるにとり、広げて冷まします。ゆで加減は、菜の花の太さで異なりますが、ゆですぎないのがコツです。ゆでた菜の花は、水にさらすと風味がおちるので、ざるに素早くとって手早く広げて冷ましましょう。菜の花をゆでる時は、鍋にたっぷりの湯を沸かして、塩を入れると良いでしょう。茎の方を先に湯につけ、10秒たったら葉の方も全部中に入れます。そして5~10秒たったら取出して、冷水につけます。菜の花をおいしく上手にゆでるには、塩をひとつまみかふたつまみ加えた熱湯で、手早くゆであげるのが一番です。塩を加えれば、菜の花の緑がより鮮やかにゆであがるからです。菜の花のゆで方は、水の量もポイントです。上手にゆでるには、熱湯に菜の花を入れ、再沸騰したら引き上げる必要がありますが、失敗する原因の多くは、ゆでる時の水の量にあります。水の量が多すぎないようにしなければなりません。平たい鍋に水1カップほどを入れて沸かすと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。